前へ
次へ

カタログギフトの色々なメリット

カタログギフトは、贈る側だけでなく贈られる側にも多くのメリットがあるという理由で、お祝いやお返しなど様々なシーンで利用されています。例えば、カタログギフトを贈る側の最大のメリットと言えば、何と言っても、品物選びに頭を悩ませなくてよいという点を挙げることができるでしょう。それとは対照的に品物を贈る場合は、相手の好みを考えて品物を選ばなければならないため、贈る人数が多ければ多いほどリサーチには時間と手間がかかるものです。カタログギフトを贈る側にとってメリットとなる別の点は、披露宴の引き出物の場合のように相手によってギフトの値段が違ったとしても、その違いが相手に分かりにくいということです。基本的に、カタログギフトは同じような冊子サイズのものが多いため、ほとんどの人に気付かれることなく相手に合わせて贈ることができます。加えて、カタログの中にはオリジナルの商品や個性あふれる商品が含まれているものもあり、定番のカタログにはない品物を選んでもらえるというメリットもあります。

カタログギフトを贈られる側にとって最も大きなメリットとなるのは、豊富な種類のギフトの中から自分の欲しい物を自由に選べるということでしょう。そのため、せっかく頂いたのにギフトが自分の好みに合わなくて困ったり、既に持っている物を贈られて品物が重なってしまうといった事態を避けることができます。しかも、たとえ家族の一人ひとりに同じカタログギフトが贈られたとしても、各自が自分の好きな品物を選ぶことができるため、同じ品物が幾つもあって困るということはありません。これらに加えて、披露宴に出席した際に贈られる引き出物の場合、重くてかさばるギフトを自宅まで持ち帰る必要がないという点は大きなメリットと言えます。特に電車やバスなど公共の交通機関を使って帰る必要がある人にとっては、楽に持ち運びできるカタログギフトは、実に便利だと感じることでしょう。

Page Top